競売の申し立てが実行されて競売開始通知が届けられると競売によって住宅を立ち退かなくてはいけなくなることが現実となってきます。競売だと市場価格と比べてとても安く落札される確率が高いので、折角なら任意売却により高く処分したいといった方は青森県でも少なくありません。競売の開始通知が送られても任意売却を実施することは選択肢としてあります。さらに競売の入札が始まって入札書を開く改札日前日までは任意売却をすることはできます。とはいえ競売を止めるに当たっては買い主が見つかっていることが必要なため、通常は速やかに対策することが不可欠です。

離婚する際に家やマンションがあるケースでは男性がローンを支払って妻が今のまま住んでいくといった事が青森県でも少なくないです。そういった時に気をつけたいのが夫が住宅のローンをきっちりと支払うか否かになります。離婚すると元夫に宛てた郵便は転送手続きをすることになると思いますが、それでは夫の返済が滞っても督促状などは夫の元に届けられるので妻側は気付けません。滞納を続けて競売となり知らない人に所有権が移動してしまった時には急に家から立ち退くことを命じられる可能性も考えられます。