競売の申し立てが行われて競売開始通知が届くと競売で住居を立ち退かせざるを得ない事がリアルになってきます。競売だと売買相場と比較して想像以上に安い金額にて落札されることが殆どなので、僅かでも任意売却で高い額で売買したいというような方は千葉県でも多くなっています。競売開始通知が送付されたとしても任意売却を実施する事は可能ではあります。もっと言うと入札が行われて入札書の封を開ける改札日の前日まで任意売却を行うことは可能ではあります。ただ競売をストップするには買い主が見つかっている事が必要なため、本来は早目に進めておくことが大切になります。

千葉県で家のローンが滞ったときは任意売却か競売かというような選択をする必要がありますが、任意売却の利する所ということで、まず出て来るのが平均相場に近い価格にて売れることです。競売の場合、市場価値より極めて安い金額にて買い取られがちですし競売の後は残ったローンの返済を求められますので金銭面で余裕がなくなることも少なくありません。任意売却の場合は交渉により売却した金額の中から引越し代金を支給してもらえたり、引越し時期を配慮してくれます。