愛媛県でも住宅ローンの支払いが滞った時には、競売や任意売却等で手離して出て行く事となりますが、リースバックの形態でそのまま居住する事が可能ではあります。リースバックとは他の人に住居を買ってもらってから賃貸契約を行いそのまま住むといったやり方になります。家族や友人等が買い取るのがいざこざが生じる可能性が少なくてベストなのですが、条件に合った人が見つかるかどうかがキーポイントになります。また、賃料を支払うことが求められるので、それなりに支払い能力を備えることが必要になります。

税金の支払いが遅れてしまい督促状などが来て、それでも勧告状が送付されても税金を払わないでいると、愛媛県でも財産状況の調査がされて差し押さえが実行されます。以降、公売が実施されて売れた額が未返済分の納付額として使われます。公売による売却額は競売と同様に市場平均の70%程になり割安で買い取られる傾向にあります。それならば任意売却して市場平均と同等の売却金額にて売買したいといった方も少なくありませんが、差し押さえを外してもらわなければ販売することはできません。まず第一に任意売却のプロである不動産業者に相談して差し押さえの解除の交渉を行っていくのが一般的です。