福岡県でも離婚の時に住宅ローンについては問題が発生しやすくなります。とりわけお互いに連帯債務者に名を連らねているケースと連帯保証人となっているケースは気をつけましょう。離婚するとなると共同生活はしなくなりますので、どちらかが引越しする事になります。退去する側は住宅ローンを払う気にならず滞納しがちになるというような例も多くなっています。加えて、二人の収入を考慮して銀行がローンの判定をしているので、離婚を機に連帯債務者や連帯保証人を辞めるといった了承を貰う事はほぼ不可能です。

任意売却や競売によって持ち家を手離さなければならない際に家をキープする方策にはリースバックが想定されます。第一に家族や友人などに家を買い上げてもらって見ず知らずの人間に買われることを一度ストップします。その先買戻しといった形式にて家を再び買うというスタイルです。買戻しまでの期間は賃貸契約を行って賃料を支払う必要があります。購入者がローンを使う時には、月の返済額程の家賃にして負担を小さくします。福岡県でも引き受けてくれる人物が探せるなら検討しても良いアプローチとなります。