競売の申立がされて競売開始通知が到着すると競売により家を退去させられることが現実的になってきます。競売だと市場価格と比べてかなり安価で売られがちですので、できれば任意売却にて高い金額で手離したいといった方は群馬県でも多数います。競売の開始通知が送付されてきても任意売却を実施することは選択肢としてあります。さらに競売の入札が始まって入札書を開く改札日前日であっても任意売却を実行する事はできます。そうは言っても競売を取りやめるには買い手がいることが要求されるため、実質的には早めに準備しておくことが大切になります。

住宅ローンを3か月程度返済できないと、「期限の利益の喪失」の書類が届きます。この書類が来ると、これまでのような毎月での返済は出来なくなってしまい、一括返済を求められます。何を意味するかというと、未納状態の金額を支払えばよいといったことではありません。残っているローンのすべての額を一括返済しなさいという事になります。群馬県でも住宅のローン未払いの人の多数は一括弁済は出来ませんので、代位弁済の手続きに入って住宅ローンの債権が銀行などの貸主から保証会社へ、次にサービサーと呼ばれる債権回収会社に移り競売へと進んでいきます。