住宅のローンを返済しないでいて督促状等の書状を放っていると担保不動産競売開始決定通知書が送られてきます。担保不動産競売開始決定通知書が到着すると競売から逃れるのはとても困難になります。広島県でも普通は三か月から半年くらいで競売によって処分されて建物を立ち退く事となります。競売にて売れる金額というのは市場価値よりも低価格にて落札されがちですから小さくない借金を抱え込まざるを得ません。ただし、少しですが任意売却可能なこともありますので任意売却の専門家の不動産会社にアドバイスを受けることがオススメになります。

離婚する際に家やマンションを所有しているケースでは夫の方がローンを支払い続けて妻の方が現在の家住んでいくといったケースが広島県でも珍しくないです。そうした時に押さえるべきなのが男性側がローンをきちんと支払っているか否かになります。離婚すると夫宛の郵便物は手続きをして転送することになりますが、その後は夫が滞納しても、督促状等も夫の元に届けられるので妻の方は気付きません。滞納し続けて競売となり別の人に所有権が移動してしまった場合はある日自宅から立ち退くことを求められる可能性もあり得ます。