夫婦名義の住宅ローンを組んでいる二人が離婚をするときは岩手県でも共同名義をやめるか、不動産を処分しないとごたごたが発生しやすくなります。離婚のときに共同名義の状態だとどちらかが売却したい状態になった時であっても両方の同意が無い状態では取引きできません。加えて、時が経って相手が死亡したときに住宅の権利分が他の親族に相続で移ってしまうリスクもあり得ますし、相続した第三者は売却してお金にしたいと希望するかもしれません。そのような場合、家を売却しなければならないリスクも出てきます。

岩手県で家やマンションのローンが支払えない時は任意売却や競売などのような選択を要求されますが、任意売却の長所として、第一に思い浮かぶのが市場平均と同等の金額で販売できる事になります。競売の場合は相場と比較して驚くほど低額にて競り落とされることが殆どですし競売が終了すると残った住宅ローンを一括返済する必要があるので金銭面できつくなることも多いです。加えて、任意売却であると話合いによって売却価格より転居費用を支給してもらえたり、転居の時期を考えてもらえます。