任意売却をやってもらう際には任意売却限定の不動産業者にやってもらうのが普通です。金融機関との調整から建物の取り引きまで合わせてお願いすることが可能です。債務整理などについても別件で頼むときには弁護士や司法書士などというような決断もありえますが、任意売却専門というわけではないですし相談料がプラスで請求されることも考えられます。また、物件取引の段階でもれなく不動産業者に依頼することになりますので、セットで任せるすることが出来る任意売却専任の不動産業者を探す人が香川県でも多数になっています。

競売の申し立てが実行されて競売開始通知が送られてくると競売で住居を立ち退くという事が近くなります。競売では相場より驚くほど低額にて買い取られがちですので、折角なら任意売却にて高値で買い取ってもらいたいという方は香川県でも多数います。競売の開始通知が送付されたとしても任意売却をすることはできます。さらに入札が終わって入札書を開封する改札日前日であっても任意売却の手続きをする事は選択肢としてあります。とはいえ競売を止めるには買い手が見つかっていることが必須なため、実際は初期の段階から対策する事が大切です。