離婚の際に家やマンションを保有している場合、夫の方がローンを負担して妻が今のまま居住するというケースが鹿児島県でも珍しくないです。そうした際に注意したいのが男性が住宅のローンを滞納せずに払っているか否かです。離婚後に元夫宛の郵便は転送してしまうと思いますが、その後は夫が滞納しても督促状などについても夫の所に届くので妻側は知ることが出来ません。滞納し続けて競売で知らない人の手に渡ってしまったときには思いがけずに自宅を追い出される事も想定されます。

競売に出さないために任意売却したいのだけれども、何処に話を持って行ったら良いのか知識がないといった人は鹿児島県でも少なくありません。もっとも普通なのが任意売却中心の不動産業者になります。任意売却の専門家であり、様々なケースを扱ってきているので心配せずに任せるすることが出来ます。金融機関との話し合いから建物の売買まで一括して依頼することが出来ます。債権者から業者を提示してくるケースもあるのですが、話合いをうまく行うために自分自身で不動産会社を選択するようにすることが大切です。