離婚の際に持ち家を持っている場合、夫がローンを返済して女性が今のまま住むケースが神奈川県でも多くなっています。そのような場合に気をつけたいのが男性の方がローンを滞納せずに払っているかどうかになります。離婚後に元夫に向けた郵便物は転送手続きをすることになりますが、その後は相手の返済が滞っても督促状なども転送されるので妻側は気付けません。滞納が続いて競売となって第三者に買い取られた時には思いがけずに家から立ち退くことを要求される事態もあり得ます。

税金の入金ができなくなり督促状などが送付され、さらに勧告状が届いても税金を支払わないと神奈川県でも資産のリサーチの後で差し押さえとなっていきます。その先、公売が行われて売れた額が未納状態の納付金額として充てられます。公売による売却額というのは競売と同様に相場の7割程となり、低価格で競り落とされることが大半です。であれば、任意売却にて売買相場と同程度の売値にて買ってもらいたいというような人も多くなっていますが、差し押さえを取りやめてもらえないならば売却はできません。第一に任意売却のプロである不動産業者にアドバイスしてもらって役所と差し押さえを取りやめてもらう相談を行うのがおすすめになります。