高知県でも離婚の際に住宅ローンを夫婦名義で組む夫婦は注意が必要になります。共同名義の状態だと、今後処分したいときであってももう一人との承諾が要りますし、住宅のローンの支払いが滞った場合にも揉め事が生じやすいです。住宅ローンの名義を変更したい時は金融機関や銀行の承諾が無くてはならず、所有名義は銀行にも認められる事が殆どなのですが、ローンの名義は二人の返済能力を考慮して判断しているため一人の名義に変えるのは困難です。新たな連帯債務者を立てられれば見込みはありますが住居を売ってしまうのが一般的になります。

住宅のローンを返すのが大変だと思っても、直ちに任意売却を行えるという事ではないです。住宅ローンの遅れがしばらく続いて銀行などの金融機関から期限の利益の喪失の書類が届けられると毎月での返済は出来なくなってしまい、ローンの残りを一括して支払わなければなりません。高知県でもたいていの場合、一括返済は難しいので、代位弁済によりローンの債権が債権回収会社に移転して競売が近づいてきます。この状況から任意売却の交渉ができるようになります。とはいえ、この時点を何も行わないで待っているのではなしに、早い時期に任意売却の専門家である不動産会社にアドバイスしてもらうのがオススメです。