住宅のローンを返済できないで競売に出されて安い価格で競り落とされてしまいそうなので、僅かでも高い額で任意売却を実行したい。しかしながら、任意売却をするに当たりプロである不動産会社にやってもらうと代金も高いのではなかろうかと懸念する方は熊本県でも大勢います。たいていの場合、任意売却で発生するお金については販売金額より充てられますため、あらかじめ費用を用立てる必要はないですし、任意売却が不成立になったケースでも代金は請求されないところが一般的になります。かえって相談料等と言って最初に費用が要求されるところは回避する事が大事です。

熊本県でも住宅ローンを返済しないとさしあたって電話や手紙により支払いを行うように促してきます。なおも滞納すると督促状が届くようになって内容についても手厳しく変わります。なおも返さないでいると催告書が届けられてきます。催告書が送られるのは競売の申し立てに進む手前ですので、なるべくこのタイミングまでに未返済分の金額をすべて払う事を意識しましょう。なお返済しないと期限の利益の喪失というような手紙が送られてきて残った住宅ローンの残債分のすべての金額を一括弁済するように求められます。そうすると競売か任意売却かといった選択を要求されます。