京都府でも離婚する際にローンを共同名義で組んでいる夫婦は注意してください。共同名義のままにしておくと、将来売りたい状況になったときであってももう一人との許諾が要りますし、住宅のローンが滞ったときにもトラブルが生じやすいです。名義を統一したいときは銀行の承諾が必要になり、所有名義については金融機関や銀行にも了承されることが殆どなのですが、ローンの名義は名義人の経済状況に基づいて判定を行っているため一つの名義に変える事は大変です。ほかの連帯債務者を立てられれば可能性はありますが、不動産を売ってしまうというのが一般的になります。

競売を回避する手立てには任意売却が挙げられます。京都府でも低価格で売却されがちな競売と比較して任意売却であるならば市場価値と同じくらいの値段にて売却することが出来るなど、長所が多くなっています。競売は執行官などとか買取を望む不動産会社等が自宅周辺で歩き回る事もあって、近所の人に伝わる可能性もありますが任意売却でしたらそのような懸念は無くなります。しかし住宅ローン滞納の事実に変化はありませんので個人信用情報機関に未納情報ということで記載されて6年ほどの期間は住宅ローンを組めなくなるという悪い点はあります。