担保不動産競売開始決定通知書が届けられると競売手続きが動き始めます。司法裁判所は執行担当者へ不動産の調査をスタートするよう指図をし、不動産鑑定士には対象の地区の平均相場等の調査を開始する事を指示を出します。それらの調査データをベースにして「現況調査報告書」と「物件明細書」と「評価書」が用意されて競売の日程と一緒に公開が行われます。三重県でも、そのうえで入札が行われて一番上回った価格を出した方が落札です。売却額がローンの残りの額より安い場合には債権回収会社から全て払うよう要求されます。

任意売却や競売で住居を手離さざるを得なくなったときに持ち家を持ち続けるやり方ということでリースバックが挙げられます。まず親族などに家を購入してもらい他人に買い上げられるのを暫定的にストップします。その後で買戻しといった形態で持ち家をもう一度購入するといったプロセスです。買戻しするまでの間は賃貸契約を行って賃料を支払い続けることが要求されます。買い主がローンを利用する場合などは、その月々の支払い額くらいの家賃を払って負担を小さくします。三重県でも条件をクリアした方を探すことが出来るならおすすめの手立てです。