宮崎県で自宅のローンが滞ってしまった場合は任意売却か競売かといった選択を要求されますが、任意売却のメリットで、まず第一に思い浮かべられるのが相場と同等の価格で販売できる事です。競売の場合、市場価値と比べて格段に低い金額にて買い叩かれがちですし、競売後は残債分の一括返済を求めらるのでお金の面で厳しくなる事も珍しくありません。さらに、任意売却の場合は相談によっては売った金額から引越し料金を提供してくれたり、転居の日にちを考慮してもらえます。

担保不動産競売開始決定通知書が届くと競売の手続きが動き始めます。裁判所が執行担当へ住居の調査をするよう指図をし、不動産鑑定士へは対象地区の相場などの調査を実施するよう命令します。それらの調査の結果に基づき物件明細書と評価書と現況調査報告書が作成されて競売の日程と同時に案内します。宮崎県でも、それ以降入札が行われて一番上回る価格を出した人が落札者です。売却金額が残っているローンの額より安いケースでは債権回収会社からまとめて払うように言われます。