長野県でも住宅ローンの支払いを滞納した時には、競売や任意売却などで売って引越しすることが通常ですが、リースバックというかたちで暮らし続けることが考えられます。リースバックとは誰かに持ち家を買い上げてもらった上で賃貸契約をして居住し続けるという方策です。家族や友人などが買い上げるのがいざこざを回避できてベターなのですが、条件に同意してくれる人を見つけ出せるかどうかが大事になります。賃料を支払うことが求められるので、多かれ少なかれお金を備えることが必要になります。

競売の申立がされて競売開始通知が来ると競売により住居を退去せざるを得ないことがリアルになってきます。競売だと市場価格とくらべて想像以上に低価格で買い取られがちですので、出来る限り任意売却にて高値で販売しようというような方は長野県でも大勢います。競売の開始通知が送付されてきても任意売却に切り替えることは可能です。もっと言うなら入札が終わって入札書を開封する改札日の前日までは任意売却をする事は選択肢としてあります。けれども、競売を取りやめるには買手が見つかっているということが求められるため、普通は早い段階から用意しておく事がポイントになります。