税金の納付が遅れてしまい督促状などが送られてきて、さらに勧告状が送付されても税金を支払わないと大分県でも資産調査を行って差し押さえとなっていきます。それから、公売による販売金額が滞っている納付額に充当されます。公売の販売金額というのは競売と同じくらいで相場の7割程で、低額で買い取られがちです。そうであれば任意売却して平均相場と同じくらいの売却価格で売買したいという方も多くなっていますが、差し押さえを取り消してくれないと売買することはできません。まずは任意売却のプロである不動産業者に助言を受けて差し押さえをはずしてもらう交渉をすることがオススメになります。

競売の申立てがされて競売の開始通知が送られてくると競売で住宅を立ち退かされるという事が近くなります。競売の場合、市場価格と比べて極めて低価格にて買い叩かれがちですので、可能ならば任意売却によって高額で売買したいという人は大分県でも少なくありません。競売開始通知が届いたとしても任意売却を行うことは可能になります。さらには競売の期間入札が実施されて入札書を開ける改札日の前日までは任意売却を実施する事は可能です。しかし競売を取り下げるに当たっては購入者が存在するということが必須なため、実際の所は速やかに対応することが必要です。