住宅のローンを返済しないで督促状などのような通知を放置していると担保不動産競売開始決定通知書が届けられます。担保不動産競売開始決定通知書が送られてくると競売を避ける事は大変ハードルが高くなります。佐賀県でも通常であれば3か月から6か月くらいで競売によって売られて家から立ち退くことを要求されることになってきます。競売で販売できる額は売買相場より低い金額にて売却されがちですからたくさんの負債が生じてきます。しかし、任意売却できる事も考えられますので任意売却の専門家である不動産業者に助言してもらうことが良いと思います。

住宅のローンを数か月間滞納すると、「期限の利益の喪失」といった書状が送付されてきます。この文書が送られてくると、今までのように月割りでの支払いは不可能となって、一括返済を求められます。どういうことかというと、滞納分の金額を返済すればよいという事ではなく、残っているローンのすべての額を一括返済しなさいといった意味です。佐賀県でも住宅のローンを支払っていない人の多数は一括返済は困難なので、代位弁済で住宅ローンの債権が銀行等の金融機関から保証会社に、さらにはサービサーという債権回収会社に移動していき競売となります。