埼玉県でも住宅のローンを支払わないとそれなりに住宅ローンを組んでいる銀行などの金融機関と交渉する場面も出て来ることでしょう。とくに支払いがしばらくの間は困難だといった具合に陥った時には、放っていると遅れている金額を払えば済むというような事ではなくなって、ローンの残りのすべての額をまとめて支払わなければならなくなり、気付いた時には競売で売却されます。極力早期に住宅ローンの専門家である不動産会社にアドバイスしてもらって銀行などの金融機関と話をすることがよいと思います。不動産会社は多くの事例を扱ってきているので、自分で相談するのと比べて巧みに対処してもらえます。

住宅のローンを3か月くらい滞納を続けると、「期限の利益の喪失」を書状が届けられます。この書類が到着すると、これまでのような分割しての支払いは無効となって、一括弁済するように求められます。この意味は、未返済分のローンの額を支払えばよいといったことではありません。残っているローンの残債分の全額を一括返済しなさいという事です。埼玉県でもローンを滞納した人の大半は一括返済は無理なので代位弁済によって住宅ローンの債権が銀行等の債権者から保証会社へ、続いてサービサーと呼称される債権回収会社に移転されて競売の手続きが進められていきます。