離婚する際に不動産を持っている場合は男性の方が住宅ローンを支払い続けて女性の方が現在の家住むことになるというような事が奥州市でも少なくありません。その場合に注意すべきなのが夫の方が住宅ローンをきっちりと返済するかどうかです。離婚をきっかけに元夫に向けた郵便は転送してしまうことになると思いますが、そうすると相手が滞納したとしても督促状などは転送されてしまいますので妻の方は知るすべがありません。返済がされずに競売にかけられて別の人に買い取られた際には不意に自宅の退去を求められることも想定されます。

奥州市で家のローンが支払えない時は競売や任意売却など何がしかの決断をする必要がありますが、任意売却の良い点ということで、最初に考えられるのが市場平均に近い売値で販売することができる事です。競売の場合は市場価値よりも驚くくらい安価で買い叩かれがちですし、競売後は残債分をまとめて支払うことを求められますのでお金の面で限界になることも少なくありません。また、任意売却の場合、相談によって売却した代金の中から引っ越し代を支給してもらえたり、引越時期を考えてもらえます。