紫波郡紫波町でも離婚するときに共同名義の住宅ローンを組んでいる夫婦は注意してください。共同名義では、将来家を処分したい時であっても二人の許諾が求められますし、住宅ローンの返済が不可能になった時にも揉め事が起きやすくなります。住宅ローンの名義を変えたいときは金融機関の許可が必要になり、住宅の所有名義については金融機関にも許可されることが多いですが、ローン名義は名義となる方の収入金額を考えて判定を行っているので単独名義に変えるのは困難です。ほかの連帯債務者を用意すれば見込みはありますが、家自体を処分するのが現実的になります。

担保不動産競売開始決定通知書が届けられると競売の申立てが動き出します。司法裁判所が執行官に物件調査を実施するよう命令し、不動産鑑定士に対しては該当の区域の市場平均などの調査を実施する事を命令します。その調査の結果をベースに「現況調査報告書」と「物件明細書」と「評価書」が準備されて競売日程と一緒に公開します。紫波郡紫波町でも、以後入札をしてもっとも高い値段を付けた方が落札者になります。売却した金額がローンの残りの金額より安い時には、債権回収会社から一括で返済するように請求されます。