競売の申し立てが行われて競売開始通知が届けられると競売で住宅を立ち退かなければならないことが現実的になります。競売の場合だと市場価格と比較してかなり低額で競り落とされる傾向にあるので、可能ならば任意売却で高く取り引きしようという人は一関市でも大勢います。競売開始通知が届けられたとしても任意売却を実行する事は選択肢としてあります。さらに入札が開始されて入札書を開ける改札日前日であっても任意売却を行うことは選択肢になり得ます。けれども、競売を止めるに当たっては買い手がいるという事が要求されるため、現実的には早期に用意する事が不可欠です。

一関市でも離婚するときに住宅ローンについては問題が発生しやすいです。特に二人で連帯債務者となっている場合と連帯保証人となっている時では注意してください。離婚後は共同生活はしなくなりますので、一人が退去する形になります。家を出る側は住宅ローンを返済する気が持てず返済しなくなるという例も珍しくありません。また、両者の収入をベースに金融機関や銀行がローンの審査を行っているため、離婚をきっかけに連帯債務者や連帯保証人を外れるという許可を受ける事はほぼ不可能です。