住宅のローンを滞納して督促状等といった書類を放置していると担保不動産競売開始決定通知書が来ます。担保不動産競売開始決定通知書が届くと競売を免れるのは大変困難です。岩手郡滝沢村でもふつうは6か月ほどにて競売によって売られて住宅を退去を要求される事態になります。競売にて取り引きできる額というのは市場価値より安い金額で売られがちですから小さくない借金が生じてきます。ただし僅かですが任意売却可能なことも考えられますので任意売却の専門家の不動産会社に相談しておくことが良いと思います。

岩手郡滝沢村でも離婚をする際に住宅ローンについてはいさかいが起こりがちです。とりわけお互いに連帯債務者となっている場合と連帯保証人に名を連らねている場合では気をつけるようにしましょう。離婚で同居は解消されて、いずれかが出て行くことになります。退去する側はローンを返済する気力を保てず滞納してしまうという例も珍しくありません。また、夫婦の収入額を考えて銀行や金融機関が住宅ローンの判断をしているため、離婚後に連帯保証人や連帯債務者を抜けるといった了解をしてもらうことは大変です。