滋賀県でも離婚する際に、住宅ローンについてはいさかいが生じやすいです。とくに二人で連帯債務者になっているケースと連帯保証人である場合は注意しましょう。離婚で居を共にすることはなくなりますので、どっちかが引越しする事となります。退去する方は住宅ローンを返済する気力を保てず滞りがちになるといったケースも珍しくないです。さらに、両者の資産をベースに金融機関や銀行が住宅ローンの判定をしているので、離婚するのをきっかけに連帯債務者や連帯保証人を抜けるという許可を得る事は難しいです。

住宅のローンを何か月か返済しないでいると、期限の利益の喪失という書類が送られてきます。この文書が送られてくると、分割での支払いは不可能となって、一括返済する必要があります。これは、滞納分の金額を返済すればよいということではありません。残ったローンの全ての金額を一括返済しなければならないといった事です。滋賀県でもローン未払いの人の大多数は一括返済できないので、代位弁済によって債権が銀行等の貸主から保証会社に、つぎにサービサーと呼称される債権回収会社に移り競売へと向かっていきます。