任意売却や競売によって不動産を退去しなければならなくなった際に、住居を守る方法としてはリースバックが存在します。まずは家族や知り合い等に不動産を購入してもらって他人に売られてしまうことを何とか避けます。その後で買戻しというかたちで家を再び買い直すといった手順になります。買戻しするまでの期間は賃貸契約を行って家賃を納めていきます。購入者がローンを利用した時には、その毎月の支払金額程の家賃を設定して、負担を軽減します。徳島県でも承諾してくれる人を探すことが出来るならば良い方策になります。

徳島県でも離婚する際に住宅ローンについてはごたごたになりやすいです。特に両者で連帯債務者に名を連らねている場合と連帯保証人に名を連らねているケースでは用心しましょう。離婚で同居は解消されて、一人が退去する事になります。転居する方はローンを返済する気力を保てず返済しなくなるというような事例も少なくありません。お互いの収入を元に金融機関がローンの判断を行っているため、離婚するのをきっかけに連帯債務者や連帯保証人を辞退するといった同意をもらうことはほぼ無理です。