東京都でも住宅ローンの支払いを滞納したときは競売や任意売却などで売却して出る事になりますが、リースバックというような形で暮らし続ける事が選択肢としてあります。リースバックとは、ほかの人に住居を買ってもらってから賃貸契約を行い暮らし続けるといった方法です。家族などに購入してもらうのが問題が生じるリスクが少なくて理想的なのですが、条件を了承してくれる方を見つけ出せるかどうかに左右されます。そして、家賃を納める必要があるので、多少なりとも経済力を備えていなくてはなりません。

東京都でも離婚をする時に、住宅ローンについてはいさかいが起きやすいです。特に互いに連帯債務者となっているケースと連帯保証人に名を連らねている時では気をつける必要があります。離婚した後は居を共にすることはなくなりますので、片方が出て行く形になります。引越しする側はローンを返済する気が持てず滞納するといった事案も多くなっています。両者の収入に合わせて銀行や金融機関が住宅ローンの審査をしているため、離婚後に連帯保証人や連帯債務者をはずれるという許可を受けることは困難です。