鳥取県でも住宅のローンを滞納すると多少なりともローン契約をしている銀行などの金融機関と相談するシーンも出て来ることでしょう。とりわけ入金するのが数カ月は難しいという具合に身を置くときには、そのままにしておくと滞納した分の額を返済すればよいといったわけではなくなって、残った住宅ローンのすべての額を一括して支払うことを求められて、短期間で競売まで進んでいきます。できる限り早く住宅ローンの専門家である不動産業者に助言を受けて銀行などの金融機関と相談することが大事です。不動産会社というのはいろいろな案件を取り扱ってきているため、個人で協議するのと比べて巧妙に行ってもらえます。

住宅のローンを返済できないで督促状等の文書を無視していると担保不動産競売開始決定通知書が送付されてきます。担保不動産競売開始決定通知書が届くと競売を回避するのは非常にハードルが高いです。鳥取県でもふつうは三か月から六か月くらいにて競売で売られて建物から追い出される事態になります。競売にて販売することができる額は売買相場とくらべて低額にて落札されることが殆どですから多額の負債を持つことになります。ただ任意売却可能なこともありますので任意売却のプロの不動産会社にアドバイスを受ける事がオススメです。