競売の申立てが実行されて競売の開始通知が来ると競売により住居を立ち退かされるという事がリアルになってきます。競売だと市場平均と比較してかなり低額で買い叩かれがちですので、出来る限り任意売却にて高い額で買い取ってもらおうといった人は和歌山県でも少なくありません。競売開始通知が届けられても任意売却に切り替える事は選択肢になり得ます。もっと言うなら競売の入札が終わって入札書を開ける改札日の前日であっても任意売却に切り替える事は選択肢としてあります。そうは言っても競売を止めるには購入者がいるという事が条件なため、実際は初期の段階から手続きを開始する事がポイントになります。

競売されない方法として任意売却が考えられます。和歌山県でも安い金額で落札されることが大半な競売よりも任意売却であるならば市場平均と同じくらいの売値で売却できる等、プラス面が少なくないです。競売では執行官などや入札したい不動産業者などが家の周辺にて調査する事もあり近所の人に伝わる心配もありますが、任意売却ならばそのような不安は不要です。しかしながら、住宅のローン不払いの現実は変わりませんので信用情報機関にブラックリストとして載ることになって五六年程の期間は住宅ローンが組めないといったマイナス面も挙げられます。