住宅ローンを滞納していて督促状等の書状をそのままにしていると担保不動産競売開始決定通知書が届けられます。担保不動産競売開始決定通知書が来ると競売を防ぐことはものすごく厳しいです。山形県でも通常であれば3か月から半年くらいで競売にて処分され自宅から立ち退くことを求められることとなります。競売にて売ることが出来る金額というのは平均相場と比べて低額にて売却されがちですから多額の負債を背負うことになります。ただし、任意売却できる事もあり得ますので任意売却のプロである不動産業者にアドバイスしてもらう事が重要です。

山形県でも住宅ローンを滞納するとそれなりに住宅ローンを組んでいる銀行などの金融機関と折衝するシーンも出てきます。特に返済するのが何か月かは厳しいといった事態に置かれたときには、放置していると未納の金額を払えばよいというような事ではなくなって、残ったローンの残債分の全ての額を一括して支払う必要が出てきて、短期間で競売になります。できる限り早期に住宅ローンのプロの不動産業者にアドバイスをもらって銀行などの金融機関と折衝することが良いと思います。不動産業者というのは様々な例を扱ってきているので、個別に折衝するよりも上手く対処してくれます。