担保不動産競売開始決定通知書が到着すると競売の申し立てが行われます。裁判所は執行担当者へ物件調査をスタートするよう指示を出し、不動産鑑定士に向けては対象地域の売買相場等の調査を開始するように指示します。そうした調査分析に基づき評価書、物件明細書、現況調査報告書を作成し競売の日時と同時に発表します。山口県でも、その後、入札が実施されて一番上回った金額を出した人が落札者となります。売却額が残っているローンの金額より低い時には、債権回収会社より一括して返済するよう求められます。

山口県でも住宅のローンを滞納した時は競売や任意売却などで手離して家から引越しする事が普通ですが、リースバックというようなスタイルで生活し続けることも考えられます。リースバックというのは、誰かに家を買ってもらってから賃貸契約を結んでそのまま住むといった手段になります。親族等に買い取ってもらうのがいさかいが起きる可能性が少なくて安心ですが、条件を承諾してくれる方を見つけ出せるかどうかが大事になってきます。さらに、家賃を支払うことが求められるので、少なからず経済力が要求されます。