競売の申立がされて競売開始通知が送られてくると競売にて自宅を立ち退かされるという事が現実となってきます。競売では市場平均よりも驚くほど安い価格にて落札されがちですので、どうせなら任意売却により高く買い取ってもらおうというような方は山梨県でも大勢います。競売開始通知が届いたとしても任意売却の手続きをすることはできます。さらには期間入札がスタートして入札書を開封する改札日前日でも任意売却の手続きをする事は可能ではあります。しかしながら、競売を取り下げるに当たっては買い手がいるということが必要なため、実質的には早急に対応しておくことが必要です。

山梨県で家やマンションのローンが滞ったときは競売や任意売却等何かしらの決断が不可欠ですが、任意売却の長所として、まず出て来るのが市場相場に近い売値で販売できることになります。競売であると市場価値と比較して極めて低額で競り落とされることが殆どですし、競売が成立すると住宅ローンの残りの一括返済を求められますので金銭面で限界になってしまう事も多いです。さらに、任意売却であると協議によって売った代金より引越し費用を都合してくれたり、引っ越し日程を融通してもらえます。